2005年10月30日

妻・美保子からのメール

「私の妻を抱いてやって頂けませんか?」という、とんでもない夫からのメールの続きです。(1通目はこちら
2通目からは、妻、美保子さん名義でメールが届きます。(実際に書いてる人は1人なんだろうけど)


【2通目】
[Date] Tue, 25 Oct 2005 20:54:32 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] 御連絡有難うございます。

初めまして、先日メールさせて頂いた正志の妻の美保子です。
夫の勝手な希望で、私は当初、反対しておりましたが、それを夫の愛情だと理解し、そして、貴方様の心良いお返事により、甘えさせていただこうと思いメールさせていただきました。
夫と話し合いの末、月に4度、1度につき5万円の謝礼ということで提示させていただきたいのですがどうでしょうか?もちろん、ホテル代、諸経費などは別途お支払い致します。
プレイ内容につきましては、一度御逢いしたときに二人で相談したいと思っておりますが、よろしいでしょうか?
そして、御逢いする日時ですが、貴方様の定期的な御都合の良い時間はありますでしょうか?
私は専業主婦ですから、そういった時間の都合は合わせられます。
それと私の写真を、これから送らせていただきますが、貴方様が差し支えのない程度のプロフィールをお書きいただけないでしょうか?私と貴方様の気持ちが合意できるようでしたら、お話を進めさせていただきたいです。

美保子

------
自分の妻を見ず知らずの男とセックスさせることが「夫の愛情」なんでしょうかねえ。それは騙されてると思うぞ。
結局、その部分がきちんと納得できないので、後半の「1度につき5万円の謝礼」だの「プレイ内容」だの「御逢いする日時」だのという言葉が、全部空回りしてるように思うんですが、どうでしょうか。
ちなみに、プロフィールですが、またしても大嘘をついておきました。
------


【3通目】
[Date] Wed, 26 Oct 2005 21:02:34 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] 美保子です。主人は出掛けました。

今日、夫は海外赴任という名目で出掛けました。
実は、私、もうわかっているんです。夫に他の家庭があることを…。
私と結婚する前に、一度離婚していて、その奥さんとの間に子供が居て
そこに帰るための口実なんです!私は知っているけど、彼とは別れたくないから
何も言えないし…。私は、子供のできない体質なんです…。仕方のないこと
スミマセン、こんなこと書いてしまいました。貴方に関係ないのに失礼しました。
でも、私、主人のことは忘れて楽しもうと思っています。そうでなければ、
寂しくてたまらないし、虚しくて…。貴方といるときは、こういうこと忘れたい
忘れさせていただけますか?
明後日、金曜日に一度御目に掛かれないでしょうか?
時間の御都合が合わなければ、御食事をするだけでも構いません。
そちらの都合の良い場所に、車で向かいますので。
私は、こういった形で男性と関係を持つのは初めての経験なので、
足りないところがあるかも知れません。御許しくださいませ。

追伸 私の写真を添付しておきます。           美保子

------
海外赴任というのは口実なんですか、そうですか。
ところで、1通目には、夫が「私が男性として機能できない」と言っていたのに、実は夫には子供がいるんですね。てことは、最近機能できなくなったんでしょうか。
ちなみに、写真はついてましたが、えらくちっちゃい写真です。
------


【4通目】
[Date] Fri, 28 Oct 2005 17:08:10 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] 本日は御都合が悪かったのでしょうか

美保子ですが、気づきませんでしたが、そちらからのメールでしょうか?
文字がアルファベットのようで、読むことができないのですが…。どういうことでしょうか?
先日の私のメールや写真も御覧になられていないのでしょうか?
御恥ずかしい内容もありましたが、本日、貴方様に御目に掛かれたらという
ことを書かせていただきました。私は、そのつもりで準備などしておりましたが…。
あつかましいかもしれませんが、もう一度、私の写真も添付させていただきます。

美保子

------
来ました! 「文字がアルファベットのようで、読むことができない」。これは出会い系サイトに誘導するための、まさに枕詞でございます。要するに、普通のメールでは情報のやりとりができないので、これからはこっちのサイトを使ってやりとりしましょう、といって、出会い系サイトを紹介してくる、という形ですね。
そういえば、3通目には、「金曜日に一度御目に掛かれないでしょうか?」と書いてありましたね。えらく律儀なspamだなあ。
------


【5通目】
[Date] Fri, 28 Oct 2005 18:23:36 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] 申し訳ありませんが

美保子です。どうもパソコンに不慣れなのでしょうか、
そちらのメールを読むことができません。何か知らずに
設定などを変えてしまったのでしょうか?申し訳ありません。
このまま、連絡が取れなくなってしまうのはあまりにも寂しい
ですから、簡単な連絡方法を見つけました。
私の読んでる雑誌に掲載されていたのですが、
ttp://www.ever-signal.com/index.php/topcgi
というコミュニティサイトに、美保子という名前で私書箱みたいなものを作りました。
そちらのほうから、御連絡いただけないでしょうか?貴方様と確認が取れましたら、
私から、携帯番号を御送りいたしますので。
面倒な御願いですが、メールのほうにそういった情報を載せるのは
危険なようですので、御理解くださいませ。
もし貴方様の御都合がよろしければ、今夜、そのまま御逢いしたい気持ちです。

美保子

------
はい、予想どおり、サイトへの誘導が始まりました。
誘導先は「微熱」というサイトです。前にも「ゆうこメール」のときに登場したことがありますね。
でも、いったい何をやったらメールを読めなくなるんでしょうか。そして、メールを読めなくなったパソコンで、出会い系サイトにアクセスできるんでしょうか。(あ、携帯があるか・・・)
あと、「メールのほうにそういった情報を載せるのは危険なようです」とおっしゃっていますが、出会い系サイトにそういう情報を載せるのは危険じゃないんですかねえ。
------


【6通目】
[Date] Fri, 28 Oct 2005 20:04:35 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] 美保子ですが

私の説明が不備なのでしょうか?ずっと探していますが
貴方様らしき方をどうしても見つけることができません。
先程のttp://www.ever-signal.com/index.php/topcgi の利用は
一時的な連絡手段ですので、貴方様と連絡が取れましたら削除させていただくつもりです。
プロフィールを入れるところがありますが、私にわかりやすく入れてもらえないでしょうか?
心待ちにしております。

美保子

------
最近、出会い系サイトの利用は「一時的な連絡手段」と断ってくるspamが多くなっています。
つまり、私と会うために一瞬だけ登録してもらえればいいんであって、後はすぐに退会してもいいんですよ、ということです。
彼女の存在を信じ始めてはいるが、出会い系サイトに登録することをためらっている人に対して、最後の後押しをするための台詞になっています。
ただ、この手のサイトは、いったん入会すると、退会するのが大変面倒なことが多いんですよねえ。規約上、例えば退会申請から退会までは1週間程度かかる、とか、その間にサイトを利用した場合は退会申請を無効にする、とか、いろいろな条件がついていることが多くなっています。
従いまして、これらサイトへの登録は、本当にお勧めしません。
------


【7通目】
[Date] Sat, 29 Oct 2005 14:23:26 +0900 (JST)
[From] toratora_pink@yahoo.co.jp
[Subject] ずっと待っていましたけど

ttp://www.ever-signal.com/index.php/topcgi から連絡がくるのを
ずっと待っていましたけど、どうしたのでしょうか?
貴方様に、御逢いすることを心待ちにしておりました。
何か学生時代を思い出すような、淡い恋心のようなものを
貴方様に抱いておりました。好きな方にラブレターを
書いたような、恥ずかしいけれども、御返事を待ちきれないあの気持ちで。
そして、紳士的で情熱的なキスや男性特有の身体の暖かさ、そして、ぬくもりを
感じることを想い浮かべて。
このメールが読まれてないと思うと、素直に恥ずかしいことでも言えてしまいます…。
美保子は早く貴方のカラダに抱かれてみたい!すべて忘れさせて欲しいから
今夜、会いたい。
美保子

------
このへんになると、夫がどうとか、あまり関係なくなってきています。それよりも、私(美保子)があなたに会いたい! という気持ちを前面に押し出してきています。どういう風の吹き回しなんでしょうかねえ。最初は反対していたのに。
あと、「淡い恋心のようなものを貴方様に抱いて」おられるのも、勝手にしていただいて構わないんですが、たった2回のメールのやりとり、しかも私が送るメールは大変事務的な内容になっている、そんな程度でも「淡い恋心」を抱けるんですねえ。うらやましいというか何というか・・・
------


今のところは、ここまでです。
まだ続くかどうかは何ともわかりませんねえ。
続いたとしても、私をうならせるような展開には、まずならないと思いますけどね。



posted by 環 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人名偽装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。