2005年10月11日

矢吹祥子メール パート3

しばらく所用があったため、更新できずにいました。大変申し訳ありませんでした。

さて、「アナル調教」などと突然過激なタイトルのメールを送ってきた矢吹祥子さん。
3通目でとうとう出会い系サイトのご紹介をしてきました。
しかも、このサイト、何となく面白いというか、今までにない雰囲気のサイトです。(ただ、このサイトを見に行くかどうかは、皆様の良識にお任せします)


【3通目】
[Date] Fri, 07 Oct 2005 18:27:14 +0900
[From] ou_en_peach@yahoo.co.jp
[Subject] それではあとは私の

それでは後は私の写真・動画・声など、逢う前にお見せできるものだけ見せた上で、是非お逢いしてください。
ttp://www.milkbrother.jp/sweet/sturm/index.php?pr=free02 こちらに載せてあります。(写真やプロフィール動画をアップロードしました)
仕事関係の取引先の広告媒体ですが、こっそりお借りしました。
基本利用無料ですのでフリーアドレスにてプロフィール登録などを
簡単にしていただいた後、私からメール差し上げますね。
携帯番号などはそちらのトーク機能でお教えしておきます。そちらの
番号もそのときに教えていただければと思います。 
リスクがあるのでメールに載せるのはお互いに控えたほうがいいですね。

※一応お伝えしておきますが、最近良くあるサイトへの勧誘とは
違います。私の外見を了承していただき、トーク機能で番号交換
ができれば利用をやめてくださって結構です。 

------
ではさっそくご紹介いただいたサイトを訪問してみましょう。
サイト名は「Sturm und Drang」
・・・これ何語? サイトを見ていく限りではどうやらドイツ語のようです。私はドイツ語の知識が全然ないので、意味はわかりません。仕方ないので、ライブドアの翻訳サイトのお助けを借りました。すると、「嵐とストレス」という意味だそうです。
・・・はあ、そうですか。

気を取り直して、サイト訪問を続けます。が、のっけからまたしても常識を覆す展開に。何と、サイトトップにいきなりゲーテの詩の一部が載っている。これでまたしても訪問者は唖然となります。「花を与えるのは自然、編んで花輪にするのは芸術。〜ゲーテ「詩集」より〜」だそうです。星の数ほどある出会い系サイトの中で、トップにゲーテの詩が載っているのは、おそらくはここくらいだと思います。

サイト主催者は「環」という人です。もちろん私ではありません。19歳の某大学文学部に通う大学生だそうです。この方が、「趣味は読書、好きな作家はゲーテ」だったせいで、こんな妙な出会い系サイトができあがったようです。

さらに楽しいのが、「みんなからの出会い系wise saying(格言)付!」。これはどういうことかというと、トップページに何人かの女の子の写真が載っているんですが、これをクリックすると、それぞれの女の子からのひと言メッセージと、「格言」が載っているんですよ。

例えば、美紀さん(26歳・専業主婦)の場合は、
「女は深く見るが、男は遠くを見る。男にとっては世界が自分で、女にとっては自分が世界。」〜グラッぺ「ドン・ジュアンとファウスト」より〜

ひなさん(29歳・スポーツジムインストラクター)の場合は、
「恋の苦しみは、あらゆるほかの悦びよりずっと愉しい。」byドライデン

リンさん(21歳・フリーター)の場合は、
「ロマンチックな恋だけが恋ではありません。本物の恋とは、オートミールをかき混ぜる行為のように平凡で当たり前なのです。」byロバート・ジョンソン

そして、サイト主催者の環さんの場合は、
「女性を力強く守ることのできる者だけが、女性の愛願を得るに値する。」〜ゲーテ「ファウスト」より〜

これって、皆さん数多の格言からどこかで自分が知って、それをここに載せてるんでしょうか? 格言の主には全然聞いたこともないような人もいますし、女の子も、とてもそんな格言を知ってるとは思えないような人ばかりなので(環さんは、好きな作家がゲーテだそうなので、別扱い)、これはすべてサイト主催者の環さんがいろんなところからかき集めてきた格言を、彼女たちに選ばせた(あるいは勝手に当てはめた)ということなんでしょうかねえ。(ま、実際のところは適当に当てはめたんでしょうけどね。環さんじゃなくて、サイトを運営してる業者がね

ちなみに、トップページには矢吹祥子さんはいません。登録しないとご尊顔を拝することはできないようです。残念。

あと1つ。トップページにはサイトへの登録をするために記入する部分がありますが、これは昔あったhosting-geomax系の登録画面と全く一緒です。要するにお仲間、ということですね。
------


【4通目】
[Date] Fri, 07 Oct 2005 19:26:25 +0900
[From] ou_en_peach@yahoo.co.jp
[Subject] 無礼をお許し下さい。

今になって気づきましたが私のメールはかなり事務的で、冷たいですね。客観的に見るとだいぶ変な女だと思っていることだと思います。でも少しいやらしいだけですので。私もこんなことお願いするのはもちろん初めてで緊張・・というより興奮して理性を失っております。不愉快な思いをさせていたのでしたらこの場をかりて謝ります。
それでは ttp://www.milkbrother.jp/sweet/sturm/index.php?pr=free02で矢吹までメールくださればトークをさせていただきますので、お待ちしております。 内心ドキドキです。 もう、私の中ではセックスが始まっているみたいです。

------
「トーク」って何? トークショーでもやるの?
------


【5通目】
[Date] Fri, 07 Oct 2005 20:22:31 +0900
[From] ou_en_peach@yahoo.co.jp
[Subject] 今後は携帯で

それでは今後のやりとりは携帯電話でさせていただきますね。このメール等は社内、その他で見られている可能性もあり、危険ですので携帯電話でお願いします。
ttp://www.milkbrother.jp/sweet/sturm/index.php?pr=free02 こちらで必ず電話で話しましょうね。 お待ちしております。
このアカウント・受信メール・送信メールなどは念のためすべて消しますので
そちらにとっても秘密がばれずに安心かと思います。  
人生で味わったことのない刺激を求めあいましょう。それでは・・お待ちしております

------
あら、もう終わりなんですか。寂しい限りです。

ところで、「アカウントを消す」と記してあるので、試しに「もう消しました?」とメールを送ってみましたが、今のところちゃんと届いているようです。
------


結局、矢吹さんがどういう雰囲気の方かはわかりませんでした。惜しいですねえ。


posted by 環 at 01:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 【終了】矢吹祥子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また 楽しげなメールが来ていますね。思わず見入ってしまいました。
ところで3通目のコメントにある「Sturm und Drang」を私も調べてみましたら『嵐と衝動』といった訳になりました。(Google翻訳&alpha Worksを利用)
“吹き荒れる嵐のような感情と性への衝動”とでも付けたかったんでしょうか?
ドイツ語って知らない人も結構いるので一見、高尚なサイトみたいに見えちゃいますけど中身はタイトル通りなんでしょうねぇ。
個々に書いてある格言ってのも意味があるような ないような…ちょっと気になる作品(?)です。
Posted by ごんちゃん at 2005年10月11日 09:59
いつもありがとうございます。
「嵐と衝動」の方がかっこいいなあ。livedoor翻訳だめだなあ。
もっとも、livedoorの翻訳機能は、ドイツ語から直接日本語に翻訳できないので、いったん英語に翻訳してから日本語に訳したので、こういった訳になってしまったのかもしれませんね。英語では「storm and stress」になるようです。
それにしても、出会い系サイトでこのような高尚な格言をお目にかかるとは思いませんでした。そういう意味では、ギャップの大きさが楽しい作品になっています。
また何かありましたらお知らせください。
Posted by at 2005年10月11日 22:03
 某所でシステム管理の仕事をしており、常々参考にさせていただいています。
 さて、「Sturm und Drang」ですが、これってば既に「疾風怒濤」という訳語があります。ドイツ文学で「疾風怒濤の時代」というのがあって、確か、ゲーテとかもこの時期の人だったはずです。
 しかし、それが「嵐とストレス」ってのは、笑わせてもらいました。確かに、手元の独和辞典だと、Drangの訳として、「衝動」「渇望」の他に、「圧迫」「切迫」というものがありましたので、「ストレス」も間違いではないのでしょうが。


Posted by TAC at 2005年10月11日 23:47
いつもありがとうございます。
そ、そうなんですか? そういう用語が既にあるとは・・・いやー、穴があったら入りたい気分です(恥) まあ、ドイツ文学なんて読まないもんで・・・(汗)

TACさんから情報をいただいたので、さっそく調べてみました。該当部分のリンクを張っておきます。
http://symy.jp/?GyC
(URLを圧縮しています。リンク先はWikipediaです)

また情報がありましたらお知らせください。
Posted by at 2005年10月12日 12:57
ん?気のせいかな?
このメアド消えていません?
まぁこの手ではよくある話かもしれませんが…
Posted by セイン at 2005年10月14日 13:20
いつもありがとうございます。
試しにメールを送ってみましたが、まだアドレスは生きているようです。戻ってきません。
そのうちまた同じアドレスから別のメールが来るかも知れませんね。
またよろしくお願いします。
Posted by at 2005年10月15日 23:26
こんにちは。工藤夜叉丸です。
この矢吹メール、かなり時間が経ってしまってますが(汗)
うちにもアップしました。
ちなみにうちには、最初のメールを含め、
3通しか着ませんでした。何故でしょう?
ちなみに2通目と3通目は環さんトコに着たのとは別の物でした。
http://yashamaru.blog4.fc2.com/blog-entry-283.html

もしかして、私がノリノリでエロイ返信したからでしょうか(笑)。
ちなみに誘導先もなんだかエロイ出会い系サイトみたいでした。
Posted by 工藤夜叉丸 at 2006年05月12日 22:27
いつもありがとうございます。
うーん、かなり強烈な返事をしましたねえ。
矢吹さんもさすがに気圧されたんじゃないでしょうか。
ちなみに誘導先ですが、既に消滅しているようです。極端に早いですねえ。
またよろしくお願いします。
Posted by at 2006年05月14日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。