2007年07月08日

郵協

さて、今回は、spamとは全く関係ないネタを1つ。(ただし、貸金業者ネタです)


先日、私の家の郵便ポストに、「郵協」という貸金業者の、こんな内容のチラシが入っていました。
・100万円まで(年利8%)融資する。
・ある時払いの催促なし
・無審査、無条件
・出世払可
・郵便局等退職の老人達で運営

そして、携帯電話番号が載っているだけ。当然ながら登録番号なぞは一切なし。

あからさまに怪しいチラシです。

だいたい、正規に貸金業者を営もうとしたら、「ある時払いの催促なし」だの「出世払可」だのというはずがありません。(そんなことをしてたら事業が立ち行かなくなるのは目に見えてますからね)

そういう甘い言葉を並べておいて、さらに「郵便局等退職の老人達で運営」などと、いかにもボランティア風に運営しているように見せかけております。もう騙す気満々に見えてしまうのは、私の性格がひねくれているせいだけではないはずです。

そんなわけで、さっそくぐぐってみました。

まずは日本郵政公社のサイトから。

「郵協」は日本郵政公社及び郵便局とは一切関係ございません(2006年8月31日)

少なくとも郵政公社や郵便局とは関係ないことはわかりますが、どういう業者かはわかりません。

それでは、次に「架空請求データベース」で「郵協」を検索してみましょう。
すると、今日(2007/7/8)現在で6件ヒットします。

http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1117371926130.html
http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1102683580130.html
http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1112960744130.html
http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1122123590130.html
http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1108297768130.html
http://www.yumenara.com/kaku/data_html/1118577655130.html

ご覧いただければおわかりいただけると思いますが、非常にたちの悪い闇金業者のようです。やっぱり関わり合うとろくなことはないようですね。

その他、「古本屋の殴り書き」さん「危機管理特殊部隊!−永い寄り道」さん「star spirits News!!!」さんなど、いくつかのブログにも同じネタが載っていました。
「古本屋の殴り書き」さんのところから行ける産経新聞の記事(ただしウェブ魚拓でキャプチャしたもの)は非常に参考になると思います。

というわけで、今回は貸金業者のチラシのネタでした。
spamネタではない貸金業者ネタは、もう1つ続きます。


posted by 環 at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 【notspam】日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分と無茶な貸し金業者が逮捕されたようです。
http://www.ntv.co.jp/news/87829.html

「人から金を借りる」ってのは極力よした方が良いですね。
Posted by けんじ at 2007年07月09日 19:59
いつもありがとうございます。
コメントが大変遅れて申し訳ありません。
お金を借りるときは、親から借りるとか、あるいは銀行から借りるとか、きちんと身元がはっきりしているところから借りるべきだと思います。変な貸金業者の甘い言葉に釣られるのは非常に危険ですよね。
またよろしくお願いします。
Posted by at 2007年08月30日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。