2007年04月21日

TSBキャピタル(偽物)

本日は、貸金業spamを続けて2本ご紹介します。
最初は、株式会社TSBキャピタルなる貸金業者からのspamです。
実は、株式会社TSBキャピタルという会社は実在しております。もちろん、spamを送ってきた会社とは別会社でして、本物の会社は東京スター銀行のグループ会社のようです。(「TSB」は「東京スター銀行」の略)
ちなみに、本物のTSBキャピタルが、「株式会社TSBキャピタルを装うeメールにご注意ください。」という注意喚起を行っております。偽物には十分ご注意ください。


[Date] 2007/04/17 11:33 (+0900)
[From] キャッシング デリバー(cash@grape.plala.or.jp)
[Subject] 【 スピードご融資ならパーソナルローンのTSB 】

 ■□ 【 スピードご融資ならパーソナルローンのTSB 】  □■

ttp://asiaesse.info/

――― 当日ご融資のスターリボ ―――『最高300万円までのご融資 』

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛【 まずはご融資自動診断 】・・安心の低金利 20%♪
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――― 当日ご融資のスターリボ ―――『最高300万円までのご融資 』

ttp://asiaesse.info/

          ★スターリボの3大特典★

■金利引き下げ スライド方式■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1年経過ごとに最大5%ずつ引き下げ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
   ----------------------------------------------------
     スターリボなら当日300万円までOK
   ----------------------------------------------------
          ttp://asiaesse.info/

■90日間金利50%OFF■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆新規ご契約のお客様全員に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼返済方式は元利金等返済方式を採用、毎月決まった金額のご返済
 
   ----------------------------------------------------
        ボーナス併用返済可能です
   ----------------------------------------------------
          ttp://asiaesse.info/

■実質年率を大幅に引き下げ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆15・18・20パーセントでご融資
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

----------------------------------------------------------------
このメールは特定電子メール送信適正化法・改正特定商取引法を遵守の上
送信しておりますが、ご不要な方には大変ご迷惑をおかけいたしました。

■配信元 DIMPLE LIFE 
■所在地
 東京都新宿区東新宿3-1-3
■配信停止を希望される方はお手数ですが下記アドレスに。
 配信停止: dimpleinfo@yahoo.co.jp
----------------------------------------------------------------

------
20%って低金利ですか?

さて、それでは偽物のTSBキャピタルのサイトをご覧いただきましょう。

tsbcapitalfalse.jpg

では、本物のTSBキャピタルのサイトです。

tsbcapitaltrue.jpg

雰囲気は何となく似てますが、ロゴも全く違いますし、以前ご紹介した「SMBCファイナンシャル・サービス」のように、本当に似せる気はない模様です。
だいたい、「asiaesse.info」なんて、会社名と全然関係ないドメインは使わないでしょ。
ちなみに、このドメイン、Naruto Mikaさんという方が所有しています。

次に、偽物のTSBキャピタルの会社概要です。

tsbcapitalfalse2.jpg

やっぱり注目すべきは登録番号です。
偽物の登録番号は「関東財務局長(1) 第01248号」。
この番号を、関東財務局の「悪質な貸金業者の情報について」のページで検索すると、こんな情報が見つかります。(別の会社の話ですが)

no01248.jpg

この番号、既に廃業済だそうです。
貸金業者の登録番号は、一度廃業した業者と同じ番号を使うことはありませんから、この時点で既に嘘とわかります。

というわけで、結局は闇金業者というわけでした。
posted by 環 at 22:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 貸金業系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは、はるまきさんの
http://spamgmen.seesaa.net/article/37988737.html
に載っているものと同じ業者のようですね。
20%は利息制限法で元金10万円未満に適用される最高利息ですから、闇金からしたら低利息なんでしょうね。
さる大手サラ金(こう言うと消費者金融は怒るそうですが)の社長が去年「グレーゾーン金利(利息制限法を超え出資法の定める年29.2%までの金利)が禁止されたら貸金業はほぼ潰れる」と公言して憚らなかったですから。
Posted by 末期ぃ at 2007年04月22日 00:15
いつもありがとうございます。
おっしゃるとおり、はるまきさんのところのエントリにあった貸金業者と同じですね。
貸金業者が金利を引き下げられるとつぶれる、というのは、よほど高い金利で貸している人が多い、ということなんでしょうか。まあ、単純に実入りが減るから、という理由だけかもしれませんが。
またよろしくお願いします。
Posted by at 2007年04月25日 01:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ニセ・TSBキャピタル
Excerpt: 最近増加中の実在する貸金業者の名前を騙った貸金スパム。今回は東京スター銀行の関連会社・TSBキャピタルを名乗ったものを紹介。ついに“未承諾広告※”がつかなくなりました(ついてても違反状態でしたが)。
Weblog: スパムGメン -迷惑メール情報ブログ-
Tracked: 2007-04-22 11:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。