2011年01月15日

主婦サークルSCS

こちらは小ネタです。
主婦サークルである「SCSサークル」からの案内メールです。
ところで、「SCS」って何の略なんでしょうか?


[Date] 2011年1月15日11:32
[From] 運営から(hdj67-ioe@mail.goo.ne.jp)
[Subject] お知らせです。

主婦がつくる主婦サークルのSCSサークル運営事務局です。

この度は当SCSサークルの参加に関するお知らせです。

SCSサークルお友達を探している主婦の方が多く参加するサークルです。

当初、SCSサークルは女性の方オンリーでしたが、
参加されている女性会員様からの強い要望により、
男性の方も参加できる運びとなったのです。

では、なぜそんな要望があったのか。
参加している女性に聞いてみた所、デアイが欲しかったとの返答が帰ってきました。
結婚しても刺激が欲しい、彼氏がほしいラブラブなデートがしたい。
女性なら当たり前に考える事なのかもしれません。

そんな男性も参加できるSCSサークルにあなたも参加してみませんか?
ご利用は無料です。

◇SCSサークルに参加する
└ ttp://www.betelg.com/scs/



------
本文最後の「◇」に意味があるのかどうかはわかりません。
それにしても、主婦サークルなら、自分の夫と「ラブラブなデート」をすればいいんじゃないかと思ったりするわけですが、そうじゃない男とデーとしたい人もいるというわけですね。多数派ではないと信じたいところではありますが。

それでは誘導先です。

scs.png

このページを見ると、「SCS」は「主婦コミュニケーションサークル」の略としか思えません。最初の「S」は「主婦」、「C」は「コミュニケーション」、最後の「S」は「サークル」・・・?
サークルって、英語では「circle」と綴るんじゃないかと思うわけですが、この最後の「S」って、ひょっとして「saakuru」と綴ったんでしょうか? だとすると非常にかっこわるいんですが・・・
しかも最後の「S」が本当に「サークル」だとすると、spam本文にある「SCSサークル」というのは重複表現ということになります。これまたかっこわるいですなあ。

なお、最終的な誘導先は「ぴありんく」になります。
posted by 環 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | その他出会い系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

謎の団体SCS
Excerpt:  思えばスパムで宣伝してくるサークルだのサイトだのと称するものは一般の方からすれば全て謎の団体だと思うのですが、それにしても謎の程度が中くらいのに惹かれます。  この団体は先月下旬からいろいろとスパム..
Weblog: 金井優子さんからの手紙
Tracked: 2011-01-17 11:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。