2011年01月06日

モーアローン(でもトイチ)

今回は、貸金業関係のspamのご紹介です。
貸金業法は、平成18年に法改正が行われ、段階的に施行された後、昨年6月に全面施行されました。
新しい貸金業法のポイントは、
(1)総量規制(借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入ができない)
(2)上限金利の引き下げ(法律上の上限金利が、これまでの29.2%から、借入金額に応じて15〜20%に引き下げ)
(3)貸金業者に対する規制の強化(国家資格を有する者(貸金業務取扱主任者)を営業所に置くことを要する)
という3点になります。(詳しくは金融庁のホームページをご覧ください)
このような法改正が行われたこともあって、現在貸金業者は大幅に減ってきております。
法的に借入ができる人が減っているわけですから、需要がないところに供給ばかり多くても商売にならないわけです。
しかし、借入をしたい人自体が減るわけではないので、そういう人たちは闇金業者に流れているとの噂も聞かれます。
今回のspamは、闇金業者からの直球メールです。極めて笑えます。


続きを読む
posted by 環 at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 貸金業系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。